DTMER COMPILATION

Eraser参加者PROFILE

Twitter上では一人称がアタシで、最近日常生活でもアタシが出てくるようになったEraserです。『曲に込めた思い』では長文申し訳ありませんorz。
 普段は「自分が作りたいな、聴きたいな、と思ったものを作る」みたいなスタンスでやっているのであんまり熟考してあーだこーだやることってないのですが、こんな感じで深め(?)のバックグラウンドを思い浮かべたり考えたりしながら曲を作ることもあるよって、そういうお話です。
 こんな私ですが、よろしくお願いします。

影響を受けたアーティスト

いろんな方からちょっとずつちぎっては肉付けして今の自分になっています。

リンク

  • Twitter
  • SoundCloud
  • YouTube

MUSIC提供楽曲

提供楽曲1
タイトル Glory to the future - Towards the shining tomorrow in 2020 Mix -
アーティスト Eraser
作曲・track make
作詞
編曲・MIX
使用ソフト DAW FLStudio
この曲について Youtubeにもアップしている曲ですが同じものではありません。この企画用に手を加えたりタイトルを長くしたりしております。
 実はこの曲は過去に、卒業して様々な道を歩む後輩たちを激励する曲として作りました、というのはまぁ第二の理由で(爆)。この曲を作った第一の理由は『初心に返る』でした。
 DTMを始めた当時は、当たり前ですが何もかもが未熟で、色々と試行錯誤しながら曲を作っては「DTMなんて長く続けられるかよ…」とふとした時に思ってしまうくらいのスランプに陥ったりすることがよくありました。
 ですがそんな時、私をDTMの世界に引き込んで色々と教えてくれた『恩人』が、試行錯誤しながら作る前の、言うなれば「本当に楽しんで作っていた曲」を聴いてこう言ってくれたのです。
「 君の曲は聴いてて楽しくなってくる。この調子で頑張れ」と。
救われました。
同時に「あぁ…そうか自分が本当に作りたいのは…」と、自分を見つめなおすきっかけにもなりました。
で、この曲を作るに至った経緯について、「そうだ、初心に返ろう」とふとした時に思ったから、初心(昔の自分)に返って、聴いてて楽しくなれる、これからも頑張れるような曲を…と思ったから作った。それだけです。
私はこんな感じの、聴いてて楽しくノリノリになれる曲が好きです。だから、この曲を聴いた皆も楽しくノリノリになってくれればいいな。そんな想いがこもっています。

それでは、長くなりましたが最後に。
この曲を聴いた皆様の「未来に栄光あれ」

Eraser様、FUTUREへのご参加ありがとうございます!

4つ打ちkickにあわせて軽快なBPMで展開が広がってい行く一曲
サビの明るさ滑空感からCパートの落ち着いた雰囲気、おおサビのクライマックス間が
まさに『FUTURE』とマッチしたナンバーになっております!

Thank you for making! by 鳴沢